海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)
2017年02月14日

【中国人の反応】日本人は第二次大戦中に中国から略奪して行った6000トンもの金をいったいどこへやった?


170213001.jpg

日本が投降したのち敗戦国として当然痛ましく、確かに中国は賠償を要求しなかったが、これは決して他の国も要求しないことを意味するものではなく、当時の日本は総額540億ドルを賠償した。日本は確かに悲惨で、数百万人の失業者がありながら国家には投入するお金がなかった。

お金がなかったと聞くと我々は聞かずにはいられない。日本が中国から搾り取った財産はいったいどこに行ったんだ?しかもこういった略奪は中国ばかりではなく他の国でも行われていた。これらの金を国家建設にも投入せずに、いったい誰のポケットの中に入ったと言うのか?

⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 00:30 | Comment(36) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月26日

【中国人の反応】日本人が誇りにしている戦国時代の歴史を7分で学んでみよう!!


170126001.jpg

すべての始まりは1467年1月18日に遡る。この日、京都で空前の大きな戦争が勃発した。歴史ではそれを”応仁の乱”という。


⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 15:30 | Comment(28) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月15日

【中国人の反応】日本最後の鬼子(兵士)は森の中を30年生き延び、130人の警官を殺した凄まじい奴だった!!


170115001.jpg

この日本兵の名は小野田寛郎という。17歳で軍に入り士官学校で数年学んだ後、戦場に送られた。小野田は日本が最後には勝つと頑なに信じ、この時完全に洗脳されていた。そして1944年11月フィリピンの小島への上陸の命令を受けた。ルバング島という名の島だ。我々は1944年の日本軍がすでに大勢を逸していることを知っている。しかし小野田は命令を受け、フィリピンの山中で敵とゲリラ戦を展開し、自殺も投降もしなかった。3年、5年、10年でも守り抜き、部隊が迎えに来ると信じた。この命令を取り消すことが出来るのは指揮官の谷口少佐だけだった。小野田はこの命令をフィリピンの山林で丸々30年待った。最後の時まで人々が日本はすでに投降したと言っても、一貫して自分を騙していると思っていた。


⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 09:00 | Comment(17) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月09日

【中国人の反応】「中国人が善良すぎて泣ける><」ロシア人と中国人における日本人捕虜の扱い方の違い!!


170109001.jpg

かつて中国の戦場に服役した関東軍の古兵斎藤邦雄は中国からソビエトに至った数年の経歴を回顧した。中国人とソビエト人の敗者への対応への違いを身にしみて感じ、その中のいくつかの経歴には深く考えさせられるものがある。


⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 18:30 | Comment(16) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月31日

【中国人の反応】お前ら10年前の12月30日に何があったか覚えているアルか?


161231001.jpg

10年前、つまり2006年12月30日にサダム・フセインの絞首刑が執行された。時間をさらに3年戻した2003年12月13日、米英連合軍がイラク侵略を開始した9か月後に、サダム・フセインは故郷でアメリカ軍に捕まった。

誰もが知っていると信じて疑わないが、ブッシュとブレアがサダム・フセインを攻撃した理由は、サダム・フセインが大量破壊兵器を保有しているというものだった。然るにこれも誰もが知っていると信じて疑わないが、これはただのデタラメだった。今、戦争から13年が過ぎた。サダム・フセインの大量破壊兵器は一体どこにあったというのか?あるネット民の言葉を借りれば、大量破壊兵器はブッシュとブレアの脳ミソの中に未だにあるのだろう。


⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 03:00 | Comment(13) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)