海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)
2016年06月13日

【中国人の反応】もし今日本と戦争したら、日清戦争の二の舞になるのだろうか?


160613101.jpg

先人は良薬は口に苦いが病に効き、忠告は耳に痛いが行いのためになると言った。戦友のみんな、どうか見出しを見て私を罵らないでくれ。誰もがいい話を聞きたいし、誰もが中国最強の原稿を見たい。しかし現実は決して我々の主観的な意識で決まるものではない。客観的に問題を取り扱い、現実に向き合おう。


⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 23:30 | Comment(18) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月07日

【中国人の反応】中国が誇る国産空母の甲板が一夜のうちにお目見え!日本の少将「このような天命を嘆く」


160607001.jpg

画像は中国国産空母の現在の状況で、その甲板はすでにすべて平らにされ、間もなくスキージャンプ甲板と艦橋が設置される。服役が間近に迫っている。

日本海上自衛隊はいずも型を基礎とし、すでに第二のいずも級ヘリコプター空母を建造した。加賀である。この船の満載排水量は27000トンで、標準排水量が19500トンの軽空母だ。同時に中国の大連造船工場内部では、中国初の国産空母も建造中で、今まさにスキージャンプ甲板が設置されようとしている。これは中日両国の海軍が、すでに航空母艦時代に突入したことを意味する。日本メディアは現在海上自衛隊の7隻のヘリコプター空母の実力は、完全に空母遼寧に対抗出来ると公言している。事実は本当にそうなのか?


⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 11:30 | Comment(3) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月06日

【中国人の反応】中国の航空開発は日本をはるかに超えたのにまだ我慢しなきゃならないのか!?


160606001.jpg

航空エンジン技術は大国の地位を体現しており、現代航空技術の戦略性は高く、大国間の総合国力を反映している。世界中で独自に飛行機を開発、生産出来る国家は20余りあるが、飛行機の心臓である航空エンジンを独自開発し生産できるのは、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国の五カ国だけである。(ん?w)この五カ国は折しも国連の常任理事国で、日本さえ入り込めないのは決して偶然の現象じゃない。

⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 06:30 | Comment(9) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月04日

【中国人の反応】北方領土問題でロシアに尻込みする日本!「同じ核保有国なのにどうして中国は 恐れない!?」


1606040001.jpg

先月、日本の首相安倍晋三がロシアの黒海のほとりにある観光地のソチに赴き、ロシア大統領と会談を行った。しかるに、今回の会談は3時間半に渡って領土問題や経済協力などの問題を話し合った。統計によると今回の会談は第二次安倍政権になって、13回目のプーチンとの会談だ。誰の目にも明らかなのは、安倍が頻繁にプーチンと会談する最も重要な目的の一つは南千島群島(日本名北方四島)の領土帰属問題の解決だ。

しかしながら今回の会談では、日露双方如何なる書類にもサインしていない。今回の会談で安倍が望むものは何も得られず、会談の成果は極めて限定的だ。


⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 15:00 | Comment(9) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月03日

【中国人の反応】小日本は三峡ダムを爆破すれば中国に勝てると思ってるようだがそれは絵空事だ!!


三峡ダム

上の画像は我が国の三峡ダムで、実際のところ重要なダムは昔から重要な戦略目標と見なされる。なぜならダムを攻撃することは、相手の水道と電気の中枢を粉砕することが出来、しかもダムの決壊で激しく荒れ狂う洪水は、相手に深刻なダメージをもたらすからだ。

例えば第二次大戦後期、イギリス軍はドイツ内陸部のメーネ・ダム及びエーデルダムに対し攻撃を仕掛け、二つのダムを決壊させた。激しく流出した水はルール工業地帯を水没させ、ドイツの工業や農業、運輸業に大きなダメージを与え、大量の道路や鉄道、橋梁などが流され、軍需産業はほとんど壊滅状態に陥った。これ以外にも1200人余りのドイツ人が死亡している。(チャスダイス作戦


⇒中国人の反応を読む

posted by ずおあい at 08:00 | Comment(16) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)