海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)
2021年10月01日

【中国の反応】中国官製メディアが社説で岸田新政権と日本へ上から目線で6つの忠告!!


211001001.jpg

岸田文雄が水曜日の投票で自民党総裁選に勝利した。これは彼がすぐさま日本の新しい首相になることを意味する。選挙期間、候補者たちは中国問題について大言を吐き、長年の間で、最も集中して中国に対する強硬な発言を行った。岸田文雄というこれまで穏健派のレッテルを貼られていた人物でさえ、敵基地を攻撃するミサイルの開発や台湾海峡有事など最も敏感な話題において、耳障りな話を口にした。




今回の自民党総裁選での中国問題への集中は、前例のないものであり、中日の敵対は避けられず、衝突と対決が目前に迫っている雰囲気を際立たせ、まるで反中大プロパガンダのようである。それが示す中日関係は、実際の両国関係より遥かに厳しいもので、日本の反中世論と積極的に反応し合うばかりか、客観的にはそれらの世論をさらに煽る役割を果たしており、これは今後の中日関係のさらなる足枷になるかもしれない。

211001002.jpg

中国は敵だと公言する極右の高市早苗も、一回目の投票で188票を獲得し、一位だった岸田文雄より60票少ないだけで、これは特に象徴的な意味合いを持っている。いわゆる”民主的選挙は”過激なナショナリストの主張の解放と発酵に有利に働く。今回の自民党総裁選が顕著な例である。引き続き、すぐに衆議院選挙があり、この誇張された中国に対する強硬な世論の風は、吹き続けるかもしれない。

しかしながら、急速に台頭する中国と敵対するこのような狂気や決断は、日本の深刻な戦略的過ちを決定づけ、悲惨な結果をもたらすかもしれない。我々は、岸田文雄が中国に対する強硬な競い合いをさらに推進するのではなく、日本の反中世論の高まりを緩和するために、政治指導者の然るべき役割を発揮することを願っている。岸田は、しっかりとした対中政策を保つことが日本の国益に合致することを知るべきである。


日本は如何なる状況においても、自分を中国の敵に作り上げるべきではなく、そのためには以下の点が極めて重要である。

一、日本は再び軍国主義の道を歩んではならない。日本は近年、ずっと憲法改正の機会をうかがっている。この憲法改正は明らかに周辺国家、とりわけ中国を念頭に置いており、周辺国家の非常に大きな警戒を引き起こし、連鎖的反応を生んでいる。自衛隊を憲法に組み込んで軍隊を合法化し、ひいては国防軍に改名する。原子力潜水艦を持ち、長距離の敵基地攻撃能力を作り上げる等々、もしもこれらが実行に移されれば、伝統的な安全政策の主張は打ち破られ、日本と周辺国家の戦略的緊張ひいては敵意さえも増大させるだろう。

二、日本は明らかに中国をターゲットにした多国間軍事同盟に加入してはならない。日本がすでに加入しているクアッドがもしも軍事同盟に転換されれば、その結果は同じである。これらは中日間の敵対感を強烈に増大させるだろう。

三、日本の自衛隊は、米軍の中国に対する公然たる挑発を学んではならない。如何なる状況においても、中日軍事摩擦を引き起こしてはならない。

四、日本は台湾問題において特に注意を払う必要がある。日本が軍事的に台湾海峡に行ってかき乱すならば、新たな中日戦争を引き起こす可能性が極めてある。

五、参拝、教科書、釣魚島などの古くからの問題において、日本は中国と相違の管理制御を強化する必要がある。軽々しくそれらの一つをカードとして使うべきではなく、とりわけ新たな突破的アクションをするべきではない。

六、米国の対中科学技術戦争において、日本はアメリカと手を組んで中国を排除するサプライチェーンの構築や、中国経済の未来を窒息させる試みをしてはならない。それは日本が中国と敵対する際立った証しになるだろう。


日本は中国の隣国で、その発展はかつて中国のはるか前に進んでいたが、それを見下したばかりか、侵略し、中国を傷つけた。今日の中国のGDPが彼らの3倍であるという新たな現実に直面し、日本社会の心理は考えを切り替えることが出来ず、一種の怯えがある。しかしアメリカに身を寄せ、アメリカの中国封じ込めを助ける”先鋒”になることは、日本の戦略の最悪手である。我々は、たとえ一部の日本人がこのような道を進みたいと思っても、それが日本の国策にはならないと信じている。

岸田文雄が選挙期間中に口ではどんなスローガンを叫ぼうとも、彼の心底は明瞭で、日本の対中政策を過度に偏らせない願望と行動力があることを望んでいる。彼は、中日の憎悪の新たな火を繰り返し点ける指導者であってはならず、中日を全面的対立に追いやる日本の首相であってはならない。


ソース
https://www.toutiao.com/a7013519363462889997/?channel=&source=search_tab



posted by ずおあい at 07:16 | Comment(6) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 書いてることが朝鮮人といっしょ
    Posted by 名無しの日本人 at 2021年10月01日 16:05
  2. 自分はいいけどテメーはダメだって感じがなんか読んでてめっちゃムカツク💢
    腐って潰れかかった国が何言ってやがる💢
    Posted by 名無しの日本人 at 2021年10月02日 21:24
  3. まぁ中国は自国の立場が見えて無い
    日本は別に他国を侵略するぞ的な事は言って無く
    脅威には対抗するぞって言ってるだけ
    金と武力が他者よりも強くなったら他者は自分を尊敬すべきひれ伏すべきってもろ中華思想
    100年遅れてきた帝国主義国家が何言ってんだか
    Posted by 名無しの日本人 at 2021年10月08日 00:59



  4. 従軍慰安婦たちが本人の意思に反して集められ、日本軍の関与で設置された慰安所で性行為をさせられた事例が数多くあったとして日本政府が公式に強制性を認めている。
    旧日本軍の展開先には慰安所が建設され、慰安婦たちは兵隊との性行為をさせられた。必要人数を集めるため斡旋業者が甘言や虚偽の説明で女性たちを危険な戦地に送り込んだことは、日本政府も認めている。 慰安婦問題は自民党も認めた事実
    慰安婦問題は当時の軍の関与の下、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、日本政府は責任を痛感している。 安倍は心からおわびと反省の気持ちを表明。
    「慰安婦は給料をもらっていた」 は事実誤認
    慰安婦は業者からは給料が支払われず、軍人からインフレで無価値になった軍票をもらえるが移動の自由がないため引き出し 使用することもできない。
    自称慰安婦研究家 ラムザイヤーによる慰安婦論文 捏造事件。 支援したのは三菱グループ!

    安倍が認めた点
    強制連行に日本の官憲の加担があった
    旧日本軍が身分証明書を発給して軍属扱いで渡航させた
    植民地の娼妓としても違法な16歳以下の慰安婦がいた事を旧日本軍が把握していた
    最前線まで連れて行き玉砕させられた慰安婦達がいた



    神社本庁 日本会議 世界日報 西岡力 国家情報院 櫻井よしこ 国基研 TRIBAY CAPITAL 三浦清志 Saferay Japan 太陽光発電 テクノシステム 生田尚之 小泉
     安倍晋三前首相と近い関係にあることが知られるジャーナリストの櫻井よしこさん、大韓民国の工作員だった!  国家情報院からカネと情報を受け取り、国内のヘイト工作に充てていた!
    朝鮮犯罪集団 工藤会総裁の野村悟被告に死刑判決。 過去には 安倍晋三が工藤会に賄賂を渡し対立候補への選挙妨害をさせていた!

    レイ,プ犯山口敬之の代理人を務めた北口雅章さん、 レ,イプ被害者への誹謗中傷行為で懲戒処分をうけてしまう!
    秋篠宮 小室圭 半導体 経済安保 DAPPI 岸田 安倍 麻生 甘利 総選挙 武漢 WHO 河野 ワクチン 安倍昭恵容疑者 統一教会 安倍晋三容疑者 ユニクロ 尖閣 ウイグル ボイコット 中国 黄之鋒 FreeAgnes 周庭 香港 アメリカ
     未完の最長政権 安倍政権から菅政権 「安倍外交の功罪」 尖閣譲歩「中国に錯覚」 対中協力の功罪!

    安倍晋三元総理大臣が統一教会系大規模イベント(UPF)で演説、文鮮明と韓鶴子に敬意を表す!
    三菱日本法学教授 ラムザイヤーの慰安婦捏造論文 支援したのは三菱グループ。 捏造がばれた後も、ラムザイヤーは沈黙を貫く 安倍晋三も深く関与か!
    安倍の指示でレ,イプ犯山口敬之を逃がした中村格さん、警察庁長官へ異例の出世を果たす


    Posted by  野村證券  勝俣一生  永井  塚林弘樹  奥田  at 2021年10月14日 21:35
  5. 4
    認めてもおらずそんな事実もない
    慰安婦は募集であり戦死したとしてそれは日本の敵である米国や支那の責任である
    Posted by 名無しの日本人 at 2021年10月18日 15:32
  6. いつも、自画自賛で民主体制が中国の独裁体制より優れているとしたら、なぜ中国共産党をそんなに恐ろしいと思うのですか? 今の日本はどのように世界第一、第二国の間で世界第三の経済大国として世界に貢献するかを考えるべきです。極端な反中だけではどうにもならない。
    Posted by 名無しの日本人 at 2021年11月10日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]






海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)