海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)
2020年08月03日

【中国メディア】アメリカと日本が結託して釣魚島(尖閣諸島)で揉め事を起こそうとしている!!


200803001.jpg

現地時間7月29日、駐日米軍司令官のケビン・シュナイダーが、同盟国の日本が中国船籍の”侵入”に対応するのを支援し、併せて中国が日本などの国に対して”海上脅迫”を行っていると公けに非難した。彼は、日本が釣魚島(尖閣諸島)の情勢を解決する支援にアメリカは全力を注ぐと言及した際、”100%、断固として”などの言葉を使い、世論の騒然を引き起こしている。

スポンサードリンク


シュナイダーの上述の言論は、中国側の厳正な反論と反対を招き、当日、我が外交部の報道官汪文斌は、「釣魚島およびその付属する島嶼は中国古来の固有の領土であり、中国海警船が釣魚島海域で巡航を展開して執行するのは、中国側の固有の権利である。我々は関係各方面が地域の平和安定にプラスなことを行い、地域の平和安定にマイナスになる言行は慎むことを望む。」と回答した。


◆駐日米軍はどうして釣魚島問題に干渉するのか?

どのようにして同盟を支援するのかについて、シュナイダーは、アメリカ側は、”情報、監視、偵察能力の形」で、日本が釣魚島付近の中国船籍を監視するのを支援すると補足している。

200803002.jpg

特筆すべきは、過去にアメリカ政府筋は、一貫して釣魚島の帰属問題に対して立ち場を取らないと言明していたのに、どうしてこの時期に態度を変え、さらには”友達のために命懸けで尽力する”姿勢を取っているのか?半月前にもアメリカは同様に、舞台裏から舞台へと高らかに南シナ海問題に介入したことを連想せざるを得ない。

中国社会科学院沿海問題専門家の王曉鵬は、これはアメリカ側が釣魚島問題の”役割”のアップグレードを実現するつもりであることを意味すると指摘する。たしかに以前のアメリカは、釣魚島の帰属問題に対して立ち場を取らないと言明していたが、”バッグドア”を残し、釣魚島を≪日米安保条約≫第5条の適用範囲に組み込んでいる。以前アメリカが担ったのは、紛争中立者とバランスを保つ役割だ。しかし、今回駐日米軍司令の態度を表明するのに使った”侵入”のワードは、中国側の正常な巡航執行を、”侵略性と悪意”の行動として中傷している。明らかにアメリカの立場の変化を強調しており、中立者、バランサーから、いわゆる仲裁者の役割にアップグレードし、ひいては同盟を守るために舞台に上がるつもりだ。なぜなら日米安保条約はこのように規定するもので、アメリカには正当な出兵理由があるからだ。


◆東シナ海の情勢に激動が起こることを警戒しろ

最近日本は、釣魚島の問題で頻繁に動いていると言える。先月、日本の沖縄県石垣市議会は、釣魚島のいわゆる”行政区画”名を、”登野城”から”登野城尖閣”に改める議案を通し、10月1日から正式に施行する計画である。

200803003.jpg

これに対し、中国側は重ねて立場を表明し、日本側にいわゆる”改名”議案をやめるよう要求したほか、釣魚島海域の巡航をさらに強化した。7月22日まで、中国公船は釣魚島海域に100日連続で巡航し、歴史的記録を創っている。

もうすぐ8月半ばになる。それは中国の季節的な休漁期間が間もなく終わることを意味する。その折りには中国の漁船が釣魚島付近の海域に向けて出発する。そうなると、中国公船と漁船が釣魚島海域で直面するのは、日本の行政船ばかりではなく、アメリカの艦艇もあるだろう。ひいてはアメリカが介入後、中国の法律執行船と偶発的な軍事衝突が起こることも排除できない。

王曉鵬は、最近日本の政界や学界、右翼の釣魚島における行動について、決して軽々しく扱ってはならず、その波及効果が一たび増幅され、加えてアメリカが両者の間に立って煽り立てれば、東シナ海の情勢に不確実性を生む可能性があるため、警戒を高める必要があると指摘している。


◆アメリカは日本が南シナ海問題に介入することを扇動している

アメリカは同盟国が夢をかなえるのを助け、日本が釣魚島を占有する野心を満足させるために、自ら舞台に上がることを惜しまないとでもいうのか?当然そんな”惜しげもない援助”のはずがない。王曉鵬は、その背後にはより大きな戦略的勘案があると指摘する。

200803004.jpg

近年、アメリカは一貫して”インド太平洋戦略”の推進にかこつけて、車輪型の同盟体系を構築し、西太平洋方面では、”東シナ海−南シナ海紛争チェーン”を構築して中国を封じ込め、軍事同盟を統合して、前線での威嚇を実施している。この過程で、アメリカは日本を”アジア太平洋地域第一の軍事同盟国”と見なして取り扱い、日本が主導的役割を発揮することを望んでいる。だから、今回釣魚島問題において日本を支持する背景には、日本の軍事力が南シナ海問題に介入することを扇動することにある。

ロイターは、日本は空母打撃群や戦闘機中隊、沖縄に配備している両棲部隊を含め、アメリカがアジアで最も軍事力を集中している国であると指摘する。日本にはおよそ5万人の軍人とその家族がいる。


◆アメリカは南シナ海で波風を立て、中国は確固として困難をものともせずに前進する

特筆すべきは、今年年初に日米両国は、同盟関係設立60周年記念の際に、駐日米軍司令官のシュナイダーが気炎を吐いて、日本に南シナ海への巡航に軍を派遣するよう呼びかけ、また以前には、アメリカ陸軍部長が、釣魚島にアメリカ軍と超音速兵器を配備するよう喚き立てたことだ。

200803005.jpg

アメリカの深刻な南シナ海の平和安定を破壊する行為に対して、我が国防部報道官の任国強は30日、アメリカに間違った言論を発することをやめ、南シナ海で軍事挑発行動を採るのをやめ、地域国家に対して離間をそそのかすのをやめるよう要求すると重ねて表明した。アメリカが南シナ海で波風を立てることは、中国により確固として困難をものともせずに前進させ、より確固として自分たちの主権と安全を守らせ、より確固として南シナ海の平和安定を維持させるだけだ。


ソース
https://www.toutiao.com/a6855312765461103108/



posted by ずおあい at 18:30 | Comment(7) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 怯えたアホは無闇に言葉が多くなるw
    Posted by どこかの日本人 at 2020年08月03日 18:52
  2. そうりゃ当然だ、属国が侵略されれば、それだけアメリカの国土が減るんだからw
    Posted by 名無しの日本人 at 2020年08月03日 19:07
  3. そのうち尖閣周辺で合同訓練するから近寄るなよ
    一発だけなら誤射かもしれないからね♪
    Posted by 名無しの日本人 at 2020年08月03日 19:13
  4. チベット周辺で地震が立て続けにあったのは、核実験の最終調整でもしてたんか?
    やけに開戦にノリノリやんけ。
    Posted by 名無しの日本人 at 2020年08月03日 19:40
  5. 1960年代まで日本の領土だと認めていたやん
    Posted by 名無しの日本人 at 2020年08月03日 21:29
  6. いつも中国は自ら滅びる道を選ぶのだ
    Posted by 名無しの日本人 at 2020年08月03日 23:06


  7. 萩生田光一、マカオカジノ業者ギャラクシー・エンターテインメント(本社香港)からの接待事件。 車で出迎えたギャラクシージャパン岡部智総支配人も確認。

    「萩生田光一」大臣が受けた中国のカジノ業者からの超VIP待遇 妻同伴でマカオ訪問
    カジノ議連の活動に絡めた視察 という言い訳は通用しない
    すでに法案成立後の旅行であり、なによりこの場には、萩生田大臣の妻と、大臣の後援会で事務局長も務める有力支援者も同行していた!
    飼い主である安倍にも還流か




    入院 検査 安倍 潰瘍性大腸炎 安倍昭恵容疑者 産経 朝日 読売 緊急事態宣言 憲法改正 FreeAgnes 香港 Mauritius 貨物船 ランサーズ 武漢 安倍肺炎 さよなら安倍総理
     アベノミクスの「成長戦略」の目玉だった原発輸出。安倍の肝いりで推し進められてきたが、日本の原発メーカーが手掛けた輸出案件はいずれも大赤字。 損失分はすべて税金で補填!
    中国による香港民主化運動弾圧! 周庭さん逮捕に 安倍及び政権幹部からの非難声明なし 中国共産党への配慮か

     靖国 安倍 麻生 パチンコ議連 カジノ アルゼ ユニバーサルエンターテインメント 秋元司 菅 岡田 萩生田 麻生 仕手戦 イソジン吉村 相場操縦 塩野義 ボビドンヨード 明治
    コロナは収束、と安倍が自画自賛していた「日本モデル」  単なる隠ぺい工作だった!
    上念司 「イソジン吉村府知事のインサイダー騒動 関連銘柄の株価上昇で風説の流布、株価操縦に当たる可能性も」
    藤原かずえ 「日本のコロナは人災だ! 支離滅裂政策で国を壊滅させた無能安倍は雲隠れをやめろ」
    ここ10年の国立感染研の研究予算合計は、アベノマスクに使った予算の10分の1以下 安倍の感染症対策軽視が明らかに

     安倍のお友達、黒川弘務検事長が産経記者の自宅で接待賭けマージャン 産経からの利益供与でクロ確定! リークしたのは阿比留か  一方、加計学園と電通から利益供与を受ける安倍晋三は未だに野放し状態!
    「イソジン吉村」嘘のような話を広める吉村洋文から感じる「進次郎臭」
    Posted by  野村證券  勝俣一生  永井  塚林弘樹  奥田  at 2020年08月20日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]






海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)