海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)
2018年10月04日

【中国人の反応】アメリカにも中国にもいい顔をする安倍の魂胆とは?


181004001.jpg

安倍は今まさに大国が大国同士のゲームに追われてる機会に、70年来日本の軍事力を封印してきた平和憲法の解消を試みている。ソビエトの太平洋への勢力発展を抑制するため、アメリカは日本を盛り立ててきた。そして今、安倍は米中の争いを利用して国の縛りを解くことを望んでいる。


スポンサードリンク


現在、アメリカ側は基本日本の再武装を支持している。アメリカ覇権の三つの柱の一つは世界中に広がる同盟体系だ。西太平洋地区では、20年前みたいに米軍だけで大国を抑えつけるのはもはや困難である。アメリカの暗黙のもと、日本の任務は地雷除去から防空、対潜水艦、給油など次第に第一線の作戦に移行し、未来はひょっとしたら庭を守る留守番から、敵陣への突撃に変わっているかもしれない。

最近の兆しがすでに日米のつながりを明らかにしている。日本最大の軍艦であるヘリコプター空母”加賀”は、9月26日イギリス海軍アーガイルと合同軍事演習をインド洋で行った。毎年少なくとも3000億ドルの貨物がこのルートを通過している。日本はさらに最近アメリカ軍との東シナ海上空の合同演習を公開した。9月27日、日本の航空自衛隊は16機の戦闘機を出動し、アメリカ軍のB-52戦闘機と釣魚島およびその諸島のある空域で訓練を展開した。日本の防衛大臣小野寺五典は9月28日、”合同演習は日米間の盤石で揺るがない同盟を示し、このような高レベルの軍事能力は地区の安定に有益だ”と言明している。もしも2018年1月と7月に、日本海上空で日本の戦闘機とアメリカのB-52が軍事演習を行ったことが、韓国の北隣に対する威嚇のためだとするならば、今回も間違いなく強い挑発の意味がある。日本の戦闘機がB-52とこの空域で行動を採るのは初めてのことで、これも一種の境界突破である。

181004002.jpg

ペンタゴンは9月26日に、”国際法は、米軍がいつでも戦闘機を派遣することを許しており、今後も訓練を続ける。”と声明を発表している。その意味は周辺国の気持ちを気に掛ける必要はないということだ。数年前、飛躍中の大国は、防空識別区を無視したり違反する外国の飛行機は、ロックや撃墜を含む厳粛な処理を受けると宣言。今回の日米戦闘機による挑発行為も厳重に監視された。

9月中旬前後、日本はさらに潜水艦黒潮および護衛艦を論争のある海域に派遣して軍事演習を行い、併せてベトナムに訪問した。日本の艦隊はさらにフィリピン、インドネシア、マレーシアなどの沿岸国家を歴訪。ジプチでは日本も米軍の隣に基地を設置し、絶えず近接する他国の補給基地を伺っている。

要するに、日本は軍事力を正常化したいのだ。第二次大戦で日本軍の暴行の苦しみを受けたアジアの隣国に日本の軍事正常化を受け入れさせ、時代に逆らって日本が平和憲法を放棄する準備を受け入れさせたいのだ!10月10日、韓国は開催予定の国際観艦式で、明確に日本に対し軍国主義のシンボルである旭日旗を掲げないよう求めているが、日本側は強硬に拒絶している。これこそが明確な証しだ!日本は既成事実を造りたい。即ち日本の軍事力は東シナ海からインド洋までを網羅し、大国にその安全領域を認めさせたいのだ。重要な領土問題においては、日本は昔から譲歩するつもりなどない。両国の矛盾は依然として鋭利である!

180930002.jpg

しかし安倍は決して猛烈な対抗手段を採るのではなく、狡猾な策略を採る。軍事分野では日本はアメリカの先導犬になることを少しもためらわないが、経済分野では日本は世界第二の経済体と一定レベルの上で協力を実現することを試みている。

日本メディアによれば、中日は共同で設立した委員会で会議を開催し、両国企業が第三国でインフラ建設での協力を促すことを決定し、最初のプロジェクトはおそらくタイの高速鉄道プロジェクトになるだろうとしている。また安倍は、10月23日の平和友好条約締結40周年に際して訪中することを望み、友好ムードを作り出している。安倍の訪中期間、およそ1000人に及ぶ重要な関係者が、”中日第三者市場協力フォーラムに参加し、およそ30件の関連インフラ合意文書に署名する予定だ。安倍はさらに西安など”帯路イニシアティブ(一帯一路)”の重要な接続都市に訪問を計画している。

アメリカ側は”帯路イニシアティブ”に対して一貫して敵視の姿勢を採り、絶えず中傷し泥を塗っているが、日本はアメリカに追随せず、却って積極的に参加している。とりわけ”中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)”に強い関心を寄せ、日本の一部の財団はすでにこの物流大動脈に参入を開始している。

事実上7月には、安倍は”16カ国協議(ASEAN+6カ国)”を主導的に推進し、「保護主義の狂乱に直面し、アジアは結束しなければならない!」と厳しい言葉を使って発言している。8月31日、日本の副首相兼財務大臣の麻生太郎が訪中。双方は合同書簡を発表し、金融分野で協力を強化することに同意し、3兆円規模のスワップ協議を速やかに締結し、さらに共同で保護主義に対応することを決定した。この声明は明らかにアメリカを対象としている。

当然ながら安倍にはアメリカの機嫌を損なう勇気はない。大陸と手を組むのと同時に、日本は9月25日、米欧の共同代表と対象の明確な声明を発表し、特定の国の過剰生産能力、技術移転の強制、知的財産権の窃取などを批判している。

指摘すべきは、安倍が訪中を希望する10月23日は、日本の明治維新150周年の記念日であるということだ。日本側の消息によれば、安倍は午前に記念式典を催し、その後間髪入れず空港に駆けつけるという。明治維新は日本を侵略拡張の道に走らせ、隣国に殺戮、略奪、凌辱をもたらした。日本の栄誉はアジアの災難である。しかし安倍にどうしてそのピークの時代を忘れることが出来ようか?平和憲法の足枷を取り除くのは栄光に再び戻るためだと言える。

そのため、現段階の関係改善は、共にトランプに対抗する必要性に基づくだけのものである。もしもアメリカの深刻な脅威がなければ、恐らく中日は対抗と無視を継続していただろう。一方でアメリカと手を組み中国に圧力を掛け、もう一方で中日の協力を鼓吹する。安倍のこのような分裂したパフォーマンスは決して意外ではない。両国は完全に利益のために相手に対して笑顔を絞り出している。心に刻むべきは、日本という国は150年前と比べて本質は変化しておらず、ただより我慢強く、より陰気になっただけだ。握手するのと同時に如何に速やかにこの手を切断するかを考え、決してこの手に喉元を締め付けられてはならない。


ソース
https://www.toutiao.com/i6606665181923639811/


面白い記事だったので翻訳してみました^^



posted by ずおあい at 23:15 | Comment(13) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


  1. 福岡県中間市の市議会議員 米満一彦が、みずから経営する会社の関係する太陽光発電設備工事をめぐり、発注元の業者を脅して逮捕された。
    米満容疑者は以前より指定暴力団「工藤会」(北九州市)との関係が疑われていた。

    工藤会といえば、安倍晋三。
    地元市長選挙の際、自民の対立候補に対する妨害・中傷行為を金を出して依頼。
    構成員は逮捕され、安倍晋三からの依頼があったことを自供。 安倍晋三はこの件についてコメントすることを拒否している。
    安倍総理の下関事務所には下関の合田一家、北九州の工藤会(いずれも指定暴力団)の幹部・構成員が日常的に出入りしていた、との情報がある

    菅官房長官「いろいろ思い当たる節はあるが、コメントは控える」


    小坪慎也 「同和地区出身 はすみとしこは悪人顔のレイシスト。おまけに幸福の科学だ!  茨城県古河市東諸川889−20 」
    我那覇真子 竹中明洋 佐喜真淳 甘粕正彦 大杉栄 岸信介 藤井実彦
    安倍晋三さん、西日本が未曾有の災害で酷い状況の中、議員宿舎で酒盛りして二日酔いで何もできず(赤坂自民亭と称してバカ騒ぎ)、自慢の下痢も悪化。
    安倍晋三よ、靖国に参拝して謝罪せよ。 国を滅ぼす危険人物、安倍晋三。 絶対総理にしてはいけない男、安倍晋三(阿比留瑠比 山岡鉄秀 永田二郎 宮崎正弘 石平)
    西尾幹二「安倍晋三は戦後最悪の首相」「膿を出し切ると言ってるが自分が膿」「昭恵夫人は白痴」
    小川榮太郎著「森友・加計」安倍晋三による戦後最大級の犯罪「公文書はこうして改ざんされた。 ガイジ総理 安倍晋三」  丹波市 加門雅也 大垣勝則
    下関 小山佐市 ポピンズ 憲法改正 総裁選 国民投票 米朝会談 トランプ シンガポール 加計 首相案件 愛媛 トルコ 森友 笹本裕 昭恵 杉田水脈 千葉麗子 高須ナチス はすみとしこ 幸福の科学 tony marano 双極性障害 happy science カルト パヨク テキサス親父 下痢便衣兵安倍晋三  (藤木俊一、 熊谷市大字奈良新田634番地の2)
    藤井実彦 藤木俊一 坪井一高 はすみとしこ DAPPI DAPPUN 安倍の下痢 安倍晋三記念小学校 油鉄印刷株式会社 蓮見公男 青年会議所 蓮見和子 古河市長谷町28-32
    【旧皇族はレイシスト?】竹田恒泰さんのヘイト動画が削除されてしまう。原因は差別表現か、あるいは高須同様ナチス称賛?
    相沢たくみ 松嶋圭 統一協会 岡部広宣 山口県宇部市北小羽山町2-5-5
    安倍晋三さん、不妊手術を強制されていた?  旧優生保護法の犠牲者か
    ウヨ団体「放送法遵守を求める視聴者の会」すぎやまこういち代表が、小川榮太郎の使い込みを告発 「小川が寄付金を勝手に使った」
    ケントギルバート レクソールビジネス  旧皇族マルチ商法スカイビズ 竹田恒泰  
    安倍晋三も絶賛していた小川榮太郎さん、オカルトグッズを売っていると報じられた途端に自身のサイトを閉鎖してしまう
    中国 脱税王 安倍晋三
    Posted by   勝俣一生  永井  塚林弘樹   at 2018年10月04日 23:34
  2. 中国の自画像はこんなものなのでしょうけど、我々から見ると違いますね。
    いま中国はとんでもない苦境にあるのです。それを打開するために日本に媚びている状態。
    しかしそれを大っぴらに書けないので「日本は我々に近づいてきて何を企んでいるのか?」と
    記事を書いている。日本は確かに中国に一片の同情もしていません。だからいくら媚びても
    天安門事件のような苦境を打開する突破口にはやならないでしょう。
    彼らの泣き声が聞こえてくるような記事ですね。
    Posted by   at 2018年10月04日 23:40
  3. 日本はアメリカの奴隷だからアメリカからは離れませんw
    Posted by 名無しの日本人 at 2018年10月05日 02:43
  4. ※3
    あ、インターネットもろくに使えない中国共産党の奴隷の中国人がなんか言ってる
    Posted by 名無しの日本人 at 2018年10月05日 03:20
  5. さすが我々中国人を倒した日本ですね
    我々は15億人もいるのに、ノーベル賞どころか一人あたりのGDPもまるで追いつけそうにありません
    日本様、もう一度支配してください
    Posted by 中国人 at 2018年10月05日 03:21
  6. 中国には一度もいい顔をした事はないと思うが、昔は単に貧困に苦しんでいたから手を差し伸べただけの話で、同盟国は当然米国だよ。まあ今も中国と敵対しているわけじゃないので経済的には協力するのは吝かではないがそれと領土問題は別。

    今後は中国の代わりに米国の矢面に日本が立つ事はもうないね。これは日本が態度を変えたのではなく、米国が日本から中国にターゲットを変えただけの話。正直言って米中の貿易戦争はまだ始まったばかり。日本は中国より更に厳しい経済制裁を数十年に渡って受けて最終的には為替や国際、米国の雇用、米軍、あらゆる所で譲歩して更に夫々について直接金を払ってやりくりしていたわけだ。日本の経済が今程度にとどまってるのが不思議な位の不利が日本経済にはある。それが中国に変わっただけ。これからだよ。
    Posted by 名無しの日本人 at 2018年10月05日 04:42
  7. 現状ですり寄ってきてるのはチャイナマンなんだけどな
    Posted by 名無しの日本人 at 2018年10月05日 05:13
  8. 事態が収拾した後の事を考慮していないとね、未来永劫に現状のままではないんだよ

    中国の犬の後方かく乱合用暴力組織のパヨパヨとは違うんだわな
    Posted by どこかの日本人 at 2018年10月05日 06:52
  9. 向こう側からの視点面白いね
    Posted by 名無しの日本人 at 2018年10月05日 06:56
  10. すり寄ってきてるのは近平豚の方だが
    なに勘違いしてるんだ支那豚共が
    Posted by 名無しの日本人 at 2018年10月05日 08:39
  11. 朝鮮半島が、がら空きになっている状態で、変革の流れであるのに、

    白アメの手先をしている日本の戦後国賊のせいで、機会を失う方向にある。
    日本人の戦後の努力も、水泡に帰すことに、この国賊どものせいでなる可能性が高い。

    米軍基地を撤去して、再軍備する必要があるんだが、
    この邪魔をしているのが、戦後国賊どもだ。
    Posted by 名無しの日本人 at 2018年10月05日 18:55
  12. 安倍はヘタレのクズだから肝心なことは何一つできん
    Posted by 名無しの日本人 at 2018年10月05日 21:43
  13. この記事
    中国が覇権を目指すのを止めれば、全部解決する問題じゃんw
    Posted by 名無しの日本人 at 2018年10月05日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]






海外の反応ニュース一覧(外部サイト様)